本日 1 人 - 昨日 1 人 - 累計 2785 人 サイトマップ

野菜を食べよう!

  1. HOME >
  2. 野菜を食べよう!
スーパーではいろいろな野菜が売られていると思います。肌のことだけではなく、健康のことも考えて野菜はしっかり食べることを習慣にしましょう。

野菜には、色の薄い淡色野菜、色の濃い緑黄色野菜、いも類などがあります。

3つのグループで、1日に摂取しておきたい量の目安は淡色野菜が200g、緑黄色野菜が100g、いも類が100gです。同じ量の野菜を食べるとしても、いろいろな野菜を組み合わせて食べるのが、栄養の過不足がなくなり、栄養バランスがよくなります。

野菜の栄養ってどんなものがあるの?



【ビタミンC】
風邪などのウイルスや細菌などに対しての免疫力を強化したり、肌の色素沈着を防いで、シミのない白い肌にする作用があります。緑黄色野菜、淡色野菜、いも類などのほとんどのものには含まれていますが、熱に弱く水に溶けやすいため、料理をするときには手早くするといいでしょう。

【ビタミンA】
粘膜や皮膚を健康で正常な状態に保つ働きがあります。ベータカロチンは、緑黄色野菜に多く含まれていますが、このベータカロチンが体内に吸収されるときに、ビタミンAに変化します。
ベータカロチンは、油と一緒にとると、体に吸収されやすいので、天ぷらや炒め物にするのがおすすめです。

【ビタミンB2】
ビタミンB2は、肌トラブルを防ぎ、粘膜を保護する働きがあります。また、体の代謝をよくする働きがあるので、ダイエット中の方には欠かせない栄養素です。緑黄色野菜に多く含まれています。

【カルシウム】
骨や歯などを丈夫にする働きがあります。女性はとくに不足しがちな栄養素なので、積極的に摂取するようにしたいですね。
カルシウムは、牛乳や小魚に多く含まれているイメージですが、実は緑黄色野菜にも多く含まれています。

ビタミンCは、熱や水に弱いため、栄養素を全部摂取するためには、生が1番なのですが、かといって生野菜は量がそれほど食べられません。そこで、調理中の多少の栄養成分の流出は仕方がないとして、その分を量でカバーするようにしましょう。そうすることで、無理なく食事の中で栄養を体に取り入れることができます。